« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

2010年7月 4日 (日)

『速読速聴・英単語Basic 2400 ver.2』でトレーニングしました

みちざね

『速読速聴・英単語Basic 2400 ver.2』は、英文を通して英語能力全般を高めていくというコンセプトで作られています。私は、学習しやすいと思いました。

速読速聴・英単語シリーズはレベル別に6冊出ています。
このシリーズは、英文を通して、語彙力だけでなく速読力やリスニング力も身につけられるように作られています。

速読速聴・英単語シリーズの中で最もやさしい内容のものが、『速読速聴・英単語Basic 2400 ver.2』です。
実際、私が読んでも、本の内容は難しくないと思いました。
しかし、最初にCDを聴いたとき、ほとんど意味がわかりませんでした。

簡単な内容の英語でも、聞いたとき意味がわからない(聞き取れない)
この状況を何とかしたい。

ということで、この本でトレーニングすることにしました。

●基本的な学習方法

”まず本の内容を確認しておいて、翌日にCDの内容を繰り返し聴く”ということを繰り返しました。
本の内容を確認する際は、CDを聴きながら本を読みました。
気が向いたときはシャドーイングもしました。
(本当は、もっとしっかり音読するほうがよいと思います。しかし、今回は、時間的に無理しなくてもできる範囲で取り組むことにしました。)

●スケジュール

効率よく学習するには、復習することが大切です。(ということが、『最新脳科学が教える 高校生の勉強法』に書かれていました)
そこで、以下の方針で学習を繰り返しました。(1回分はCDで6分~15分程度としました)

  1. まずは、同じ箇所を、2日~4日程度続ける。(ある程度頭に入るまで繰り返す)
  2. さらに、1週間以内に、同じ箇所を復習する。(何日か繰り返す)
  3. さらに、1カ月以内に、また同じ箇所を復習する。(何日か繰り返す)

上記の方針で、約2か月かけて一冊やりとげることができました。
100%ではありませんが、ほぼ聞き取れるようになったと思います。

どのくらい効果があったのか試してみたくなったので、『TOEIC TEST DS トレーニング』の実力テスト(簡易テスト)を2年ぶりにやってみました。
しかし、TOEIC推定スコアは、・・・あれ?・・・310点。
ひどい。2年前には6回やって最低でも400点はあったのに。
やっぱり、しばらく英語学習を止めていたツケが出がようです。

やっぱり続けていないとダメですね。
今回もこれだけで終わるのではなく、無理せずできる範囲で続けていきたいと思います。
次は、『速読速聴・英単語Daily1500 ver.2』をやってみたいと思います。


速読速聴・英単語Basic 2400 ver.2―単語1800+熟語600
速読速聴・英単語Basic 2400 ver.2―単語1800+熟語600 松本 茂 ロバート・L. ゲイナー 藤咲 多恵子 ゲイル・K オーウラ Robert L. Gaynor

おすすめ平均
stars前作より格段に進化を遂げた!
starsプロテクトCD?
stars中学レベルから大学入試基礎まで
stars旧版と比べて
stars上質の音読教材

Amazonで詳しく見る
速読速聴・英単語Daily1500 ver.2
速読速聴・英単語Daily1500 ver.2 松本 茂 ロバート・L. ゲイナー ゲイル・K. オーウラ Robert L. Gaynor

おすすめ平均
starsなるほどDaily!「日常会話レベル」とはこのレベルです ^o^

Amazonで詳しく見る
TOEIC(R)TEST DS トレーニング
TOEIC(R)TEST DS トレーニング
おすすめ平均
starsリスニング力がある程度ある人向き
stars「毎日コツコツ」が苦手な人に。
stars実力テストの精度が高いです!使えます。
stars長文読解問題対応には不向きです。
stars間違いなく、画期的な発明

Amazonで詳しく見る

Blogrank
語学・英会話ランキングへ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年8月 »