« 『びっくり英読法』を読んで、英文の正しい読み方が初めてわかった | トップページ | TOEIC100点UPのまとめ »

2008年9月14日 (日)

TOEICを受験しました

みちざね

TOEIC受験直前に行ったことのメモと、受験の感想です。

TOEIC受験の直前には以下のことを行いました。
(このほか、ラジオ版「チャロ」のCDを10分程度聴くことは毎日続けています。)

  1. どんな英語も絶対読める!びっくり英読法』 を読み返す。
  2. DSのTOEIC対策ソフトで、出題形式に慣れる。

1.は直接的なTOEIC対策ではなかったのですが、お気に入りの本なので、読み返しました。

2.は、『TOEIC TEST DSトレーニング』を使って、毎日5~10問程度を1か月弱行いました。
また、『学研DS 新TOEICテスト完全攻略』で2時間200問の模試を行いました。
模試の予想スコアは440でした。
DSのTOEIC対策ソフトを使ってみて、特にPart6が自分の苦手なところだと思いました。

そして、TOEIC受験本番を迎えました。
各Partの感想を示します。

Part1: 写真の説明の選択

正解がわかっていたのに、マークするときに「あれ?Aだったかな?Bだったかな?」となってしまったことがあった。もったいなかった。

Part2~4: 会話文や説明文の聞き取り

部分的に聞き取れるんだけど、答えまではわからないという感じ。
DSでやったときは少しはできるようになったと思ってたけど、まだまだダメ。

Part5: 短文穴埋め

これが正解だ!と自信を持って答えられたところはほとんどなかった。
だけど、『びっくり英読法』を読んでいたおかげで、選択肢を絞り込めるところが結構あった。

Part6:長文穴埋め

最初の2文(6問)を読んだけど、よくわからないので、残りはでたらめにマークしてPart7に進んだ。

Part7:文章読解

時間がなくて半分しかちゃんと読めなかった。
でも、読めたところに限ればほとんど意味がわかったような気がする。

そして、結果は・・・、
前回から100点以上UPの430点でした。  (^。^) ほっ

Blogrank
語学・英会話ランキングへ

|

« 『びっくり英読法』を読んで、英文の正しい読み方が初めてわかった | トップページ | TOEIC100点UPのまとめ »

できごと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211476/42473253

この記事へのトラックバック一覧です: TOEICを受験しました:

« 『びっくり英読法』を読んで、英文の正しい読み方が初めてわかった | トップページ | TOEIC100点UPのまとめ »