« 英語学習の参考リンク(2008/01/06) | トップページ | とても参考になる「脳科学をベースにした勉強法」の本 »

2008年1月20日 (日)

TOEIC直前対策

みちざね
TOEIC対策にもテクニックがあるようです。

今月末にTOEICを受けます。
しかし、最近、英語の勉強はほとんどしていないので、不安です。

前回よりも点数が低かったら、カッコ悪すぎる・・・!

現在、他の資格試験の勉強を優先して、英語のトレーニングは一時中断している状況です。
そのため、TOEIC受験対策に時間をかけることはできません。

今、このような状況なのですが、以前、本屋で、こんな表紙を目にしたのを思い出しました。

「スコアが上がりやすい順に学ぶ!
 
Part2→5→6
→1→7→3→4

本の内容を見ていないので、TOEICのPart2とPart5がスコアが上がりやすいというのが、どのくらい信頼できるのかは分かりません。

でも、以前、『学研DS 新TOEICテスト完全攻略』で実力テストをした記録を見ると、私がPart2とPart5が全然ダメなことは確かです。
ちょうど苦手なPartでもあるので、これらのPartに絞って、直前対策をするのは良いかもしれません。

今回のTOEICの直前対策:
ニンテンドーDSのTOEIC対策ソフトを使って、Part2とPart5の学習を行う。
ただし、あまり時間をかけることはできないので、できる範囲で。

新TOEICテスト 直前の技術 スコアが上がりやすい順に学ぶ
新TOEICテスト 直前の技術 スコアが上がりやすい順に学ぶ ロバート ヒルキ ポール ワーデン ヒロ前田
おすすめ平均  star

以前は、小手先のテクニックで点数を上げても意味がないと思っていました。
でも、TOEIC受験の直前に、目的意識を持って、集中して勉強するのは、悪くないと、今では思います。

(2008/01/24追記)
本屋で内容をざっと見ました。点数を取るための小手先の
(せこい)テクニックがたくさん載っています。
英語の実力をつけるための本ではないですね。

Amazonで詳しく見る

Blogrank
語学・英会話ランキングへ

|

« 英語学習の参考リンク(2008/01/06) | トップページ | とても参考になる「脳科学をベースにした勉強法」の本 »

雑記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211476/17764247

この記事へのトラックバック一覧です: TOEIC直前対策:

« 英語学習の参考リンク(2008/01/06) | トップページ | とても参考になる「脳科学をベースにした勉強法」の本 »